【メズム東京】宿泊記③お部屋

travel

メズム東京のお部屋『chapter 1 ダブルルーム』に宿泊してきました。

メズム東京のコンセプトの『五感を魅了する空間』を楽しめ、他のホテルにはない経験ができるお部屋でした。

お部屋『chapter 1 ダブルルーム』

メズム東京の中で1番下ランクのお部屋『chapter 1 ダブルルーム』になります。

広さは、40㎡/430ft²です。

ベッドルーム周辺の写真ですがインテリアはモノトーン系でまとまっていて、壁にデザインがありオシャレな印象をアップさせています。

ベッドサイドは、コンセント2つありコードも十分届いているので問題ありません。

枕上にある黒い丸はブックライトです。

電子ピアノ

アルコール/リモコン/タブレット/空気清浄機

室内の備品の利用方法やインルームダイニングメニューなど案内は全てタブレットで確認できます。

雑誌など読み放題のアプリが入っているので、お部屋でコーヒーを飲みながら利用しました。

再度テーブルにもコンセントがあり充電しながら作業が出来たので、とっても便利でした。

トランクが置いてあってディスプレイだと思ったら、中に物がしまえるようになっていました。

クローゼット

クローゼットの中が広々としていて、バゲージラックもあるので荷物が見えなくなるのは嬉しい。

スリッパ/草履/靴べら/ブラシ

環境に配慮している為、何度も利用できる草履が用意されているんです。

金庫/アイロン/クリーニングバッグ/アイロン台

トイレ

独立タイプのトイレになっています。

ハンドソープは『BULK HOMME』(バルクオム)というブランドで公式サイトではメンズ用ブランドとして展開されていました。

公式サイトで購入すると『BULK HOMME』【スキンケア】が初回限定990円(税込)、BULK HOMME【ヘアケア】は初回限定で1,480円(税込)〜でした。

ハンドタオルの巻き方が『竹』をイメージしているような気がしています。

ミニバー

ミネラルウォーター/マドラー/栓抜き/ワインオープナー/電子ケトル/コーヒー?

コーヒー関連は ペーパーフィルターまであります♡

冷蔵庫の中のビール(ハートランド)/オレンジジュース/ミネラルウォーターは全てフリードリンクになっています。

アイスピッチャー/お抹茶セット

タブレットの動画を見ながらお抹茶をたててみました♡粋ですねぇ〜

猿田彦コーヒー/BREW TEA(ブリューティー)/ミルキー/お抹茶 各々2つ

猿田彦コーヒーは店舗で飲む物と全く違って更に美味しいのです。

よりコーヒーの香りが強く濃厚??語彙力がないけど、とにかく美味しいのです♡

ミルキーもメズムとのコラボでビックリ。

久しぶりのミルキーは懐かしい味でコーヒーとお抹茶のお供としてあっという間にペロリ♡

価値がわかる人に最高に美味しいティーを届ける

バスルーム

代理石スタイルのバスルームでとっても素敵です。

浴室からの角度/バスローブ

バスローブは帯の巻き方が複雑で手間取ったけど、タブレットを見ながら巻いてみました♡

着物みたいでとっても素敵なメズムらしいデザインが楽しませてくれます。

ボタンがあるので帯を使用しなくてもパジャマとして使えます。

お湯は自動で貯められますが、たっぷり入ってしまったので溢れないかドキドキしました。

バスアメニティ

『BULK HOMME』(バルクオム)のボディーローション/雪肌精のスキンケアセット

雪肌精のスキンケアセットは化粧水/乳液/メイク落とし/洗顔フォームでした。

『mesm BOOK』とっても楽しみにしていたアメニティーの1つです。

宿泊したメズム東京も描かれていてオシャレ♡

歯ブラシ/カミソリ/ヘアブラシ/バニティーキット/シャワーキャップ/泡立てネット

『mesm BOOK』の中身は実用的な物ばかりで『泡立てネット』は女性としては嬉しいアメニティーの1つです。

バスソルト/『BULK HOMME』(バルクオム)のシャンプー・コンディショナー・ボディーソープ

SALONIAのドライヤー/ヘルスメーター

BE@RBRICK Tokyo Waves(2020)

お部屋の入り口では『BE@RBRICK』がお出迎えしてくれます。

メズム東京のブランドカラーであるミッドナイトブルーの波模様とホテルロゴをあしらった100%サイズ(高さ約70mm)と、 一部客室のウェルカムアートとしても採用されている400%サイズ(高さ約280mm)の2タイプでの展開となります。

400%サイズは特別に、光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」を使ったデザインの着ぐるみを着用しており、フラッシュ撮影をするとホテルのコンセプトである“TOKYO WAVES”を表現した絵柄が浮き上がる、遊び心あるデザインです。

mesm東京

『BE@RBRICK』はデジタルなイメージのテディベアを作るというコンセプトで作られています。

世界初の『光に反応する次世代インクNINJA INK』を使用した『BE@RBRICK』はメズム東京のコンセプトがデザインだけでなく技術にも盛り込まれていて、とことん追求している姿勢が凄いなぁと感動しました。

景色

日中の部屋から見える景色。

左手奥にはお台場のフジテレビが右手にはソフトバンクの本社が見えています。

住居ビルも目の前にあり家の中が見えてしまうのですが気にしていないのかオープンな状態でついつい目に入ってしまいました。

夜はレインボーブリッジや高速道路が見えるので、より都会的な景色が楽しめます。

YouTube

YouTube/Ameba TVはログインしなくても見ることが出来ました。

Netflix/Amazon prime/Huluは会員であればログインして見ることが出来ます。

メズム東京『シェフズ・シアター』の2021年春のランチメニューをまとめています。

メズム東京『chapter 1 ダブルルーム』のお部屋についてまとめているので是非チェックしてください。

タイトルとURLをコピーしました